できることから、毎日気分よく暮らす

【開催報告】オンライン勇気づけ勉強会開催しました

勇気づけ

こんにちは!

初めてのオンライン勇気づけ勉強会(ELM講座)を開催しました!

急遽娘が同伴になり、開始時刻に遅れるという大ぽかをやらかしてしまい、参加者の皆様にはとんでもないご迷惑をおかけしたことは大いなる反省点です。
本当に申し訳ありませんでした。
次回以降はこのようなことのないよう、トラブルも想定して準備を整えます!

今回のテーマは「さまざまなものの見方・考え方を認める」

アドラー心理学をベースとして勇気づけの講座ELMのワークを通して学んでいきます。

同じ出来事なのに、感想が違ったり、とらえ方が違うことってありますよね。
そして、「どうしてそう考えるのかわからない・・・」と感じることもあると思います。
それは、その人それぞれの考え方があるので当たり前のことです。

その、当たり前のことについて改めて考える回になっています。

事実は一つなのかな?

ある場面を見た時に、その背景をどのように予想するかで自分のその後の気持ちや行動が変わります。

例えば、電車内で泣いている子どもを見かけます。

子どもを持つ前の私

「本を読むとか、おやつを食べるとかして、大人しくさせればいいのに。」
と割と本気で思っていました。

自分の小さいころ?本を読んで大人しく座っていた、と思っていました。

いやはや、本を読むって小学生以上でしょうよ!そんな小さい頃のこと覚えてるの?大人しくしてと頼んで大人しくしたら苦労しないわ!
と、つっこみどころ満載な感じです。

今の私

「あー、電車で出かけるの大変だよねー。でも1回降りちゃうと次の電車までの時間もあるし、おやつももう無くなっちゃたのかもしれない。出かけるだけでお母さんも大変だよね。シールとか持っていたらあげたいわ。みんな微笑ましくみているよ!」

と応援しかありません。

これは、私が「子どもと一緒のおでかけ」について知らないが故の見方でもありました。

自分が見ている景色が変わる

もうひとつ、不妊治療中から思ったことは妊婦さんと赤ちゃんがたくさんいる、ということ。

それまでは、全然周りにいない気がしていたのに、いざ自分が興味を持ち出すとその情報が世界のなかからたくさんあふれるほとに入ってくる。

このような経験ありませんか?

例えば、スカートがほしいなと思っていると、みんな素敵なスカートを履いているように見える。
ブーツがほしいなと探していると、ブーツを履いてる人によく会う気がする。

これらはすべて、周りの世界が突然変わったのではなく、自分の興味のフィルターがかかったことで見えるようになったもの。

このように、私たちは自分の解釈を加えて世界を見ています。

これは、景色だけでなく、出来事についても同じです。

同じ出来事でも、全然別の見方をする人がいて驚いたことはないですか?

子どもが言う「みんな持ってる!」もまったくの嘘ではなく、その子の中ではみんな持っていると感じているのです。
大人からみると「みんな」ではないのですが^^;
みんなもっているように世界が見えているのです。

違う考え方だからわからない?

私たちはみんな自分の解釈を加えた世界で生きています。

この解釈をメガネによく例えます。

みんなそれぞれ違ったメガネをかけて生きています。

相手と全く同じメガネを持つことできませんが、どのようなメガネを持っているのかを理解しようとコミュニケーションをとることで人間関係が円滑になります。

相手と自分のメガネを同じにする必要はなく、相手のメガネを理解しようとする姿勢が大切です。

親と子どもも同じメガネである必要はありません。

子ども自身のメガネを大切に扱う人でありたいなと思います。

講座の感想

シェアタイムでは、普段の困っていることなどを話しながら自分の場合だったらどうしているか、というお話もたくさんしました。

日常生活の場面で活かしていただける気付きがあったようで、とてもうれしかったです✨

【参加者さま ご感想】

・何をするにもまず、子ども本人はどのようなメガネでみているのかな?と考えてみたいと思います。

・宿題をしないというモヤモヤの原因が全く違う所にあったことに気付きました。子供と話してみたいと思います。

他者の意見を聞いたり、自分の考えを言葉にして伝えることでの気付きがあります。
自分自身のことを考えるきっかけ・毎日がちょっとラクになるヒントを見つける機会にしてください♡

毎月継続して第3木曜日午前中に開催予定ですので、ご興味ある方は問い合わせか、SNSよりご連絡ください😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました